三河小中学校長会概要

規約・目的・方針

三河小中学校長会規約

「ワンチーム三河」で
全会員が連携・協働し、新しい学校文化を
創造できるようにしましょう。

三河小中学校長会は、三河小中学校相互の連絡を密にし、教育の振興発展を図り、教育文化の向上に寄与することを目的とする。
目的を達成するために次の事業を行う。
1 学校の管理運営に関する調査研究
2 教職員及び児童生徒に関する事項
3 その他本会の目的達成に必要な事項

会長挨拶

会長

三河小中学校長会 会長 柵木 智幸

 三河小中学校長会は、これまで相互の連携を密にし、尾張地区や名古屋市の校長会とも協力をしながら、児童生徒一人一人を大切にする三河教育の質の向上を図り、保護者や地域社会の期待に応える教育活動を展開してきた。先輩の情熱と英知によって構築・継承された教育は、着実にその成果を上げてきている。

 一方、昨年度は新型コロナウイルス感染症という未曽有の事態に直面した。年度当初から休校を余儀なくされたが、学校再開後、新しい生活様式の中で、いかによりよい学校教育を展開すべきか、私たち校長は自ら熟慮・決断し、行動してきた。

 今年度、引き続き感染症拡大防止に努めつつ、新学習指導要領やGIGA スクール構想に沿った「児童生徒の学び方改革」、給特法改正による「教員の働き方改革」を推進しなければならない。併せて、これまでの課題である「児童生徒の生きる力の育成」、「いじめ・不登校の解決」、「若手教員や中堅教員の育成」、「不祥事の根絶」等に対応する必要もある。

 私たち三河小中学校長会は、487 名の会員が「連携・協働・創造」のスローガンを念頭に、三河教育研究会とも相携え、教育を取り巻く諸課題の積極的な解決を図り、持続可能な社会と幸福な人生の創り手の育成に総力を結集して努力していく所存である。